厳かな雰囲気の神社挙式【思い出に残るような印象深い結婚式】

小規模な挙式スタイル

披露宴

少ないからこそ際立つ良さ

一昔前までは結婚式と言えば、親族や友人知人をたくさん集めて盛大に行うのが一般的でした。招待客の数は新郎新婦の人望を表す目安ともされ、招待客の数が少ない場合には場合には数合わせのためにサクラを用意する事もあるほどです。今でもこうした結婚式はありますが、最近ではむしろ招待客をわざと少なくした、少人数での結婚式を選択するカップルが増加傾向にあります。少人数型の結婚式にはいくつかのパターンがあり、式場などではスモールウェディングとかファミリーウェディングなどというプラン名で提供されています。親しい間柄の人だけを呼ぶ、というのが少人数型結婚式の特徴であり、招待客数は多くて20〜30人程度、少なければ両家の家族だけという場合もあります。ではどうして今、少人数の結婚式が人気になっているのでしょうか。まず現実的な理由として、挙式費用を削減できるというメリットがあります。人数が少なければ会場が小さくて済みますし、招待客数に振る舞う料理代や、遠方から来られる客への交通費に宿泊費なども限定されます。また、これらを手配する準備の手間を省く事にも繋がります。現在は新郎新婦が共働きという事も多くなり、結婚式の準備に時間をかけられないケースも目立ちます。準備の負担を減らす事が出来る少人数型の結婚式は、現代人にとって都合のいい結婚式スタイルと言えます。さらに演出にこだわりを出しやすい、というメリットもあります。少人数な分、会場も専用の式場以外にも一般のレストランや旅館など、選択肢は豊富です。式場間の移動も比較的楽なので、挙式会場と披露宴会場を別々の場所にする、というのも通常の結婚式よりハードルが下がります。招待客が少人数であれば、1人1人に合わせたもてなしをしやすくなりますし、手作りの演出というのもしやすくなります。こうしたアットホームな雰囲気を味わえるのも少人数の良さであり、人気の理由でもあります。